マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)は詐欺ビジネスなのか?

ネットビジネスは稼げるかどうかわからない!

なんて話を聞いたことがある方もいるのでは無いでしょうか。
それが原因でネットビジネス自体が詐欺であるとか、怪しいという印象を持っているケースも珍しく無いでしょう。

しかし、それは間違いだと思います。
ネットビジネスが稼げない背景には「継続できないビジネスを選んでしまうと続けることができずに結果稼げない」という理由があると推測されます。
大きな誤解を受けているせいで他のビジネスについても詐欺や怪しいという疑いがかけられてしまっていると思います。
その一つが当サイトでも紹介しているマネーズライクの教科書(MRサーチシステム)です。

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)は詐欺なのでしょうか。
その真相を確かめるべく調べた結果をまとめて見ましたので興味のある方はご覧ください。
では実際に見ていきましょう。

マネーズライクについて詳しく知りたいという方は別の記事で内容を紹介しているのでそちらもご覧ください。

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)について

ネットビジネスが詐欺?と決めつけられる理由とは

「ネットビジネスが稼げない」といわれる背景は、大きく2つに分かれます。

まずひとつは「そのビジネス自体が成立していない、成熟していないため稼げないもの」、そしてもうひとつは「ビジネス自体は問題ないものの、他の理由によって稼げないもの」です。

前者は問題外であり、これによって働き手側に金銭的な被害が出るようであればれっきとした詐欺です。しかし、後者はどうでしょうか。他の理由という書き方をしましたが、多くの場合は働き手側に問題があるケースです。

ダイエットジムを例に出しましょう。2ヶ月で10キロ痩せるメニューを渡されたものの、そのメニューを指示通りにやらなかった場合、10キロ痩せることはほぼ不可能でしょう。それでも「ジムが悪い、指導が悪い」と言う人はたくさんいます。

同様に、ネットビジネスでもサボったりして仕事のメニューを予定通りにこなさない場合、望む収入が得られないこともあるでしょう。ただそれを「ビジネスが悪い」と言ってしまう人が多く、2つの背景が混合してしまうケースが多々見受けられます。

結論だけを鵜呑みにしては、その本質を見誤る可能性があります。その点は事前に注意しましょう。

それではこれを踏まえて、マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)を見てみましょう。

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)の手軽さが落とし穴?ただそれは詐欺とはいえない

マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)の最大の特徴は、「1日約10分、1ヶ月の作業だけで日々収入をアップさせ、50万円やそれ以上の収入を目指す」ことでした。

多くの人は「1日10分でいいの?」と思うことでしょう。しかし、そこに落とし穴があることに気付く人は多くないと思います。

短い作業は、得てして後回しにされがちです。「いつでもできる」「手が空いたときにやろう」など、どうしても優先順位を低くされてしまいます。その結果、気付いたらやらずに1日が終わってしまう、それが何日か続いてしまう、というわけです。

それでは何の意味もないですよね。マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)の良さであるはずの特徴が、人によっては逆に作用してしまうのです。ただしそれは仕事が悪いわけではなく、それをやる人の責任です。

これが先の項目にあった、「働き手に問題があるケース」となります。これが「詐欺」には該当しない、ということは言うまでもありません。

それでも一部のクレーマーは「マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)は稼げない、詐欺だ」というでしょう。「詐欺」という言葉がどうしても強すぎるので、一度そういう表現をされてしまうとなかなか拭うのは厳しいと思います。

こればかりではなく、もっと中身についても触れつつ真相に近づきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ