マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)では返金が可能なのか?

最近インターネットを使って副業やネットビジネスを始める人が増えている印象を持ちます。
副業というとサラリーマンが行っているイメージがありましたが、今では主婦や学生、年配の方もネットを使ってビジネスをしているようです。

また、以前はパソコンを使って作業をするものが多かったですが、ITの発展とともにスマホでも作業できるものも登場しています。
このサイトでもスマホを使って副業ができるとしてマネーズライクというビジネスをピックアップし紹介しています。

経験やスキルを必要とせず、スキマ時間を利用して作業が出来ることから今まで副業やネットビジネスに消極的だった方でも気軽にチャレンジできるでしょう。

マネーズライクについてはこのサイトの最初のページで詳しく紹介しているのでよろしければそちらも合わせてご覧ください。

記事はコチラから見れます>>>マネーズライクの教科書(MRサーチシステム)で1ヶ月50万円収入!?

マネーズライクは返金できるのか?受け付けているのか?

先ほど副業を始める人は増えていると説明しましたが、そうは言ってもネットビジネスや副業をやっているという人は案外少ないと思う方もいるでしょう。それは一体どうしてなのでしょうか。

色々な理由が考えられますが、副業として行うにはハードルの高いビジネスを選択している可能性があります。
そのため作業を続けることが出来ずに稼げないという人もいるでしょう。

「稼げなかったから返金してほしい!」と思ってもすでにノウハウを実践している状態では返金は難しいでしょう。
運営側に非が無い場合や本人のミスが原因である場合も同様に返金は難しいと思います。

ネットビジネスは通信販売というものになりクーリングオフ制度の対象外になっています。
つまり、企業側としても返金をする義務はないんです。

ただし、運営側がやむを得ないと判断した場合は返金してくれるケースもあると聞いたことがあります。
ネットビジネスを始める際には返金についてはよく確認すべきでしょう。

そこで気になるのが「マネーズライクは返金対応を受け付けているのか?」ということです。
先ほども説明しましたがネットビジネスをはじめとした通信販売ではクーリングオフ制度は適用されません。

しかし、一部返金ができないとは限らないでしょう。
マネーズライクが返金対応してくれるのか、また返金を求める際にはどのような行動をすればいいのかについてこの記事では詳しく説明していきたいと思います。

マネーズライク以外のビジネスで返金を求める際にも役に立つ情報だと思いますので読んでおいて損はないでしょう。
参考にして頂ければと思います。

マネーズライクの返金についての前に基本・クーリングオフ制度のおさらい

まずは返金において基本となるクーリングオフ制度について振り返っておきましょう。

クーリングオフ制度はその名の通り「頭を冷やす期間」という意味合いがあり、契約書の交付から訪問販売やキャッチセールス、電話勧誘では8日間、モニター商法やマルチ商法は20日間以内であればその契約を解除できる、というものです。

販売員などによる強引な勧誘で、煮え切らないまま契約してしまった、というケースが後を絶ちません。そういった方々も、この期間内であれば契約を無効とし、契約金などを返金することができます。家族や友達などと相談する期間として有効だと思います。

しかし、ネット通販にはクーリングオフ制度が適用されないケースがほとんどです。どうしてそのような決まりになっているのでしょうか?次の記事で説明します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ